駐車場運営に適している地域の条件とは?

駐車場運営に適している地域の条件とは?

駐車場運営を検討している場合に気になるのは、やはり地域の条件ではないでしょうか。
当然ですが、駐車場運営は車の利用がある程度なければ成り立たないので、生活に車を必要としない土地には不向きです。
逆に周りに駐車スペースがいくつもあって駐車に困らないような場所も、駐車場運営には適さないといえます。
理想的なのは地方よりも都市部で交通量がそれなりに多く、パーキングなどの施設が存在していない地域が狙い目となります。
一定以上の利用者が見込めればビジネスが成立しますが、運営に掛かるコストについても考えておくことが必要です。
夜間に人通りが極端に減って治安が悪化するような場所は、防犯コストが跳ね上がってしまうので注意です。
オーナーが自ら見回りする方法もありますが、1日に何度も巡回するのは非現実的ですし、複数の駐車場運営をする場合には向かないです。
このように、防犯に関しても考えなくてはいけませんから、例えば交番が近くにあったり、警備会社が早く駆けつけられるような場所がベストとなるのではないでしょうか。

駐車場運営を成功させるためにエリア選びが大事

土地を所有している場合、なんとかして運用したいと考えるかもしれません。
手軽な方法は駐車場運営ですが、やればすぐに利益が上がるというわけではありません。
成功を左右する一つの鍵はエリア選びです。
すでに持っている場合選ぶことができないかもしれません。
たとえば観光地でもない辺鄙な田園地方での駐車場運営は失敗する可能性大です。
だれもそんなところに車を止める必要がないからです。
とはいえ一見何もないところであっても、需要がある場合もあります。
住宅街の中の駐車場はエリアによってはいつも満車です。
住宅街の中であっても、工事関係や営業関係の人が出入りしますし狭い道路に長時間留めることができないからです。
当然ながら観光地に近い住宅街の中の駐車場経営も成功します。
コインパーキングよりも割安に設定しているところが少なくありません。
そうしたことを考えると、周辺をよく観察して調査することが大事です。
需要にかなっているなら利益が見込めるでしょう。

筆者:大賀一好

筆者プロフィール

千葉県匝瑳市生まれ。
毎日見る月極駐車場やコインパーキングについて記事にしました。