駐車場運営におけるマーケティングの基本

駐車場運営におけるマーケティングの基本

駐車場運営における大きな悩みと言えば駐車スペースの空きをどうやって埋めるかと言うことです。
長期間駐車場が空いているとその分の収入が減少してしまいます。
募集方法等を見直す必要があるでしょう。
集客が出来ない原因に適切な料金設定ができてない場合があります。
需要と供給を見極めて適正料金を見直すことが大切です。
また看板などが目に留まりやすいところにあるでしょうか。
小さな目印だと駐車場として認識されない可能性があるためわかりやすく表示する必要があります。
駐車場運営は1日にどのぐらい顧客獲得して回転効率を図るかが不可欠です。
駐車場の選択ではネット検索からの利用がほとんどになっています。
ネットマーケティングは地図情報サイト、口コミ、検索、カーナビ、SNSなどいろんなメディアを使った戦略手法です。
プロモーション対策、マーケティング対策、競合対策を合わせて実施することでニーズに合わせた情報入手から選択決定までを誘導し集客することができます。

駐車場運営をおこなった際の宣伝活用で効率がいい方法

使用していない土地を所有している方の場合、その箇所で駐車場運営をおこなうことが可能です。
都心部などでは特に収益をあげられる方法でもあり、住んでいない空き家を取り壊してコインパーキングに変えられる方も少なくありません。
ここではこれから駐車場運営をなさろうという方に向けた、宣伝の方法をレクチャーしていきます。
ご自身でチラシを作ってポスティングをしたり、新聞の折り込みに広告を入れるという方法が一般的です。
しかし、これらの場合は若干コストが掛かるだけでなく、地域が限定されるというのも特徴となります。
そこで活用をしたいのが、管理会社の力です。
ここでは駐車場運営の全般を任せることができ、しっかりとセキュリティ設備も導入して安心安全な経営を実施することもできます。
また宣伝活動サービスも用意をされており、専用のホームページを開設して利用者も募られるわけです。
駐車場運営をする際は第三者の力を借りることも大切です。

筆者:大賀一好

筆者プロフィール

千葉県匝瑳市生まれ。
毎日見る月極駐車場やコインパーキングについて記事にしました。