安定した収益を希望!駐車場運営を成功させたい人が把握しておくべき情報まとめ

土地を有効活用するための手段の一つに、駐車場運営があげられます。
大手と契約をするとシステムなども任せることが出来ますし、ただ土地を貸すということも出来るので便利ではありますが、その他自分で管理をしつつ料金を回収するという方法も有ります。
システム手数料などを引かれる事を考えると、その方が良いケースも有りますしニーズに合わせて形態も選んでいくことになります。
まずは情報リサーチからスタートしていきましょう。

安定した収益を希望!駐車場運営を成功させたい人が把握しておくべき情報まとめ

土地を有効活用する上で、駐車場運営というのはお勧めの一つです。
情報リサーチをしなければ失敗してしまう可能性もありますので要注意です。
成功するためには、様々な情報を集める事から始めていきます。
駐車場運営で成功させたい人が把握しておきたいこととして、手数料がどれぐらいかかるかというのは比較をしておきたいところです。
利用する会社によってその料金が変わってきますので第一に調べておくことが重要なポイントです。

駐車場運営で効率的に収入をアップさせる方法

駐車場運営で効率的な収入アップを考えるなら、強みを活かす方針で取り組みを行うのが正解ではないでしょうか。
いくら立地が良くても知名度が低かったり評判が少なければ、興味を持つ人が限られて新規のお客さんが増えないです。
まずは広く知ってもらう為に広告を出したり、評価してもらえるように取り組むのが基本となります。
駐車場運営は使い勝手と利便性がものを言いますから、駐車や料金の支払いが迷わずスムーズに行える運営をするのが望ましいです。
利用者の交通ルートを含めて、快適に移動して駐車場に入ることができるか検証したり、必要に応じて対策を講じることが大事です。
料金設定はかなり収入に影響しますが、安くすると利用の心理的なハードルが下がって、続々とお客さんがやってくる可能性があります。
ただし、安売りは時に質の良くないお客さんを呼び込むことになり得るので、客層を篩いに掛けるべくある程度は高めに設定するのがベストです。
駐車場運営は今やデジタル化が進んでおり、IoT機器の活用も当たり前になっていますから、これらも効率化に避けて通れないといえるのではないでしょうか。

駐車場運営で発生する経費の項目をチェック

駐車場運営をするうえでのメリットは、経費計上ができることです。
最初は不安だと思いますが、きちんと認識することにより、上手に駐車場運営をすることができるようになります。
まずかかってくる経費ですが、土地整備費というものがあるのです。
駐車場経営には、月極駐車場とコインパーキングと二種類あります。
整備にかかる費用というのは、具体的に施設を作る費用のことです。
例えば更地にする費用や、装置を取り付けるものも含まれます。
未舗装の場合は、砂利を敷き詰めたりなども考える必要があるのです。
大体砂利が1平方メートルで3000円、アスファルト舗装で6000円程度かかるのが目安です。
コインパーキングでは、運営会社が負担するケースもあるようですが、解体費用なども負担するような会社もあるので、そういったところで契約をすると少しでも負担を軽くすることができるのです。
その後管理費や税金・水道光熱費なども必要なので、その点も考慮が必要です。

駐車場運営を始める際の公的な手続き

土地の活用方法の中でも比較的メジャーな駐車場運営ですが、開始する際にはどのような公的手続きが必要なのでしょうか。
実は駐車場運営には基本的に届出の必要がなく、比較的狭い土地を活用した小規模な運営であればすぐに始めることができます。
誰でも手軽に収入を得られる方法であり、駐車場運営が人気となった理由はこの利便性にもあるでしょう。
一方で不要とされるのはあくまで原則であり、手続きが必要になる場合もあります。
駐車場の車室の合計が約150坪以上、営業時間内に不特定多数が利用、都市計画区域内であるなどが条件です。
これらの条件を満たした上でコインパーキングの経営を行う場合には、路外駐車場の位置や規模、構造といった事項の届け出を行わなければいけません。
都市計画区域内であれば届け出の対象となるため、まずは自分が持っている土地が範囲内にあるのかを確認することが先決となります。
条件に合致した場合には、設置届出書や地形図、平面図などの書類を自治体に提出します。

駐車場運営を委託する際に取り決める内容

駐車場運営を委託する場合には、運営方式を選ばなければいけません。
具体的に言うと、コインパーキング方式を採用するかどうかを決めることになります。
運営を請け負う側のシステムによっては、コインパーキング方式一択になっているところもあるので事前に確認しておきましょう。
コインパーキング方式を採用した場合は、次に設置する設備をリースにするのか買取りにするのかを選択する必要があります。
リースなら駐車場運営を止めた際には、使用していた設備を返却すればいいだけで便利です。
しかし、長く使用する期間が長期になれば費用が割高になる可能性があります。
一方買取りを採用した場合は、短期で運営を止めてしまうと大きな損失に繋がることも考えられます。
長期間稼働すれば、リースのように費用がかかり続けることは無いので一定期間以上の使用が続けば得になることが多いです。
どちらが得なのかは運営期間などに影響を受けることなので、取り決めをする際には長い目で見て判断することが大切になります。

筆者:大賀一好

筆者プロフィール

千葉県匝瑳市生まれ。
毎日見る月極駐車場やコインパーキングについて記事にしました。
駐車場経営の初期費用